依頼通りの形を叶えるプラスチック成形業者|さまざまな用途に用いる

作業員

冷やすために使用する商品

保冷剤

保冷剤は、吸水性ポリマーと水を使用してできた商品のことです。用途は様々で、多く使用されるのは食品を冷やす時です。保冷剤を販売しようと考えている方は、保冷剤を扱っている会社に一度足を運んでみると良いと考えられます。

Read More

見直される新特性

工場

酸化チタンはその多彩な特性から非常に多くの用途があります。更に従来の使用法の加え、ナノフィラーという新たな機能も発見されてきました。従って今まで以上に用途が広がり、市場も拡大しております。今酸化チタンの新たなビジネスチャンスを見直す時期にきております。

Read More

仕入れの過程や加工の仕方

作業員

プラスチックとは何かというと、原料は石油です。地下から掘り出された原油は、海を渡って工場に運ばれてプラスチックに加工されます。プラスチックは熱によって形を変えやすいので、物によっては色んな成形の方法があります。一つは、圧縮して行う成形です。その工程としては、まず金型の圧縮機に樹脂を流して熱します。それで型をとったものが、お皿やお椀などの容器となって各家庭に行き渡ることになります。他には、カレンダー成形という物があります。樹脂を練ってロールに送り、平に伸ばすことでフィルムやシートになったりします。このようにプラスチックは、加工することによって非常に用途が広がる為、人々の間でよく利用されているのです。

プラスチック成形には、インフレーション成形という方法もあります。それは、押し出すための機械を使って空気を吹き込み膨張させ、押し出された溶融樹脂を膨らませることによって、食品を包んで保存するために使うラップなどを作ります。樹脂という意味でのちょっとした違いがあり、プラスチック製は合成樹脂に分類されます。一方で樹脂製は、天然樹脂と分類されるので、その違いは自然に樹脂を採取できるか化学的に加工するかにあるのです。プラスチックは、基本的に熱を浴びると変形して加工することができるのですが、プラスチックの中には、熱硬化性のものもあります。ひとえにプラスチックといってもその種類や成形の仕方は色々あって人の役に立つものが多く作られているのです。

高精度な加工技術

パイプ

ホーニングは砥石で工作物の内面を研磨する技術で、自動車のエンジンシリンダーなどの加工に用いられます。1000分の1ミリ単位の精密加工ができるという特徴がありますが、運用には高度なノウハウが要求されます。

Read More

高品質だけど低価格!便利な中古パレットはこちら