冷やすために使用する商品|依頼通りの形を叶えるプラスチック成形業者|さまざまな用途に用いる

依頼通りの形を叶えるプラスチック成形業者|さまざまな用途に用いる

作業者

冷やすために使用する商品

保冷剤

私達の生活で夏になると必須になるのが保冷剤です。保冷剤は、食べ物を腐らないようにするための保存に使用されたり、けがなどをして、足を痛めたときなどに冷やすために使用することもできます。また、熱が出たときに長時間体を冷やすといったことでも利用できるため非常に優れています。保冷剤は、吸水性ポリマーをゲル化させて作っています。吸水性ポリマーとは、おむつの中などに入っている水分を吸収する小さな粒のようなものです。保冷剤は、吸水性ポリマーと防腐剤を混ぜて作ったものです。なぜ防腐剤を使用するのかというと、保冷剤は、水と吸水性ポリマーでできているため、防腐剤がないと中にカビが生える危険性があるのです。ですので、カビを防止するために防腐剤を使用します。

また、保冷剤にも種類があります。食品などを運ぶ際に使用する業務用や店頭に並べる販売用によっても値段や種類は大きく変わってきます。一般的に企業が使用するのは、チルテインといった保冷剤で、温度が大幅に低下したときに対応できるタイプのものです。他にも、製品を傷めないソフトタイプや、魚などの冷凍に使用されるハードタイプなどといった種類もあります。また、店頭用の保冷剤は、一般的な保冷剤から消臭タイプまでと幅広い保冷剤を取り扱っています。このような多種多様な保冷剤を取り扱ってる専門会社もあります。用途によって選択肢が様々あるので、まずは一度見積もりを取ってみることがおすすめです。