高精度な加工技術|依頼通りの形を叶えるプラスチック成形業者|さまざまな用途に用いる

依頼通りの形を叶えるプラスチック成形業者|さまざまな用途に用いる

作業者

高精度な加工技術

パイプ

工作物の内面を磨く

ホーニングとは工作物の内径を精密に研磨する方法のひとつです。円筒の外面に砥石を取り付け、加工物の内面に押し当てて、通常は冷却液で冷やしながら、回転運動と上下運動を加えます。砥石のほかにサンドペーパーを使う場合もあります。また液体ホーニングといって、研磨剤入りの液体を圧縮空気で吹き付け、内径をピーリングする方法もあります。自動車のエンジンシリンダーにはホーニング加工が用いられます。ホーニングによってシリンダーの内部には微細な傷跡ができますが、この部分に潤滑液が浸透し、シリンダーのスムーズな動きをサポートします。なおホーニングは円筒内面の仕上げだけでなく、四角い筒の内面や外面の仕上げにも利用できます。

精密加工が可能

1000分の1ミリ単位の精密さで工作物を加工できることが、ホーニングの大きなメリットです。現在では5万分の1ミリ単位という高精度のホーニングも達成されています。また硬度が高く削りにくいチタン材を加工したり、極細の穴や穴径が変化するパイプを磨いたりすることも可能になっています。精度を確認するためには真円度測定器などを用います。もちろん工作物の材質や形状、要求される精度などによって、加工方法を慎重に選ばなければなりません。一般にホーニング加工には、厳密な数値管理とノウハウの積み重ねが必要です。マシンの技術開発が進むとともに、運用方法にも工夫が行なわれ、精度を高めつつコストを下げる努力が続けられています。